こんな時にも赤ちゃんをサポートするウォーターサーバー

ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルク作りにもとても便利です。ウォーターサーバーは、即座に冷水と温水の両方が出るようになっています。このウォーターサーバーならではの機能は、赤ちゃんが飲むミルクやお湯をすぐ出すことが可能になることからも人気となっています。

基本的に、赤ちゃんに与えるミルクには殺菌処理を施すことが大切です。お湯を沸かし、70度以上にしてから使うべきとされているのです。もともと粉ミルクは栄養分がとても高く、雑菌などが繁殖しやすい環境になっていると言えます。例えば、サルモネラ菌やサカザキ菌といった細菌が含まれていることがあって、それを殺菌するために熱湯消毒が必要とされています。お水自体に細菌が含まれている場合もあって、水道水を使用する場合には、特有のカルキ臭を抜くためにも沸騰をさせるのがよいといわれています。

そんな水道水と違ってウォーターサーバーのお水はカルキも入っておらず、もともと細菌類がほぼいない状態のため、より安心してミルクを赤ちゃんに与えることができます。赤ちゃんのミルクに使われるお水はRO膜を通して細菌やミネラル分などをほぼ一切除去した純水に近い純度の高いお水が使われます。RO膜は非常に小さな構造をした穴をもつ構造をしており、細菌やミネラル類はその孔を通ることができません。そのため、不純物をろ過することができ、ウォーターサーバーならば純正の高いお水のみが濾されるのです。